次元大介@医者修行中。

我、医学部再受験成功ス。知力よりも体力。

あなたが医学部に合格する意義。

 医学部に再受験しようとする人には高い使命感を持っている人が多いです。しかし使命感だけでは国公立医学部に合格しません。毎日八時間くらい受験知識を詰め込む作業を最低でも一年間続けなくてはなりません。
 このような辛い道を選んでまで、あなたが医学部に合格する意義はあるのでしょうか。
 まず最初に高い社会的地位と安定した生活が保証されるということが挙げられます。高いステータスは先輩医師たちが築いてきてくれたお陰です。そして医術というのはどこに行っても必要とされていますので、医者になったら僻地だろうが都市部だろうがそこそこの生活を確保できます。

 次に高い収入を得られるようになります。労働内容からいって医師の収入は低すぎるという意見もありますが、金額だけを見ると高い部類に入ります。40歳の派遣社員がそのまま派遣社員を続けるよりは医学部に再受験するほうが生涯収入は高いという試算データもあります。

 そして医学部に合格すれば人生的に再チャレンジ、もしくはリベンジできます。社会から一度ドロップアウトしてしまうと復帰することが難しいのが日本の社会です。そのため能力のある人でも例えばうつ病などで退職してしまったら再び同じくらいの社会的地位のある会社に戻ることは難しくなります。そのような不運に見舞われた人が「社会に返り咲くことができる」「食うに困らない」「年齢不問」という条件を満たす職業に就こうと考えて医療系の資格を取りにいくケースが多いです。文系の方では弁護士という職業がありますが、数が増えすぎためにあまり努力が報われない職業になってしまいました。なので医学部、薬学部、看護学部を再受験する人が多いのです。医療系の職業というのは人助けしている実感がとても得やすい職です。自分の人生の残り半分くらいを費やす価値は充分にあるでしょう。

 最後の意義として、あなたの合格は他の人の希望となるということが挙げられます。医学部再受験する方の中にはなんらかの障害を抱えながら勉強している人が多いです。私もその一人でした。25歳の時から医学部を再受験しようと考え、途中持病のため計2年間ほど寝込んでたりして、ようやく医学部に合格することができました。勉強していた最中は、医学部に合格するのは自分のためだと思っていましたが合格後に違う側面があることに気付きました。それは自分の合格が他の再受験生の励みとなるということです。
 私は合格後にあるサイトに合格するまでの経緯を書きましたが、その反響として数十通のメッセージが届きました。そんなに反響があるとは思ってもいなかったためびっくりしました。書いてあったのは「勇気づけられた」とか「見習ってがんばる」とかでした。そんな内容のメッセージを何通も読み、自分の合格は自分のためだけではなかったことを感じました。
 この文章を読んでいるのは多分再受験生でしょう。あなたはなんらかのハンデを持っていますか?持っているならばそれを乗り越えて合格してください。合格したら他の再受験生を勇気づけることになります。再受験生は勉強友達もいなくて孤立していたりしますが、くじけそうになったときにはあなたの合格はあなただけの物ではないことを思い出してください。あなたの周りにはあなたが励ますべき再受験生がたくさんいます。私が一番書きたかったのはこのことです。
 私は受験勉強しているときはよく「医者になって、自分を馬鹿にしていたやつらを見返してやる」などと考えていました。もちろんこのような怒りのパワーで勉強に励むのもいいでしょう。しかし受験が終わった時に、それだけでがんばってたことに気付いて少しさびしく感じました。再受験の皆さんはぜひ「他の再受験生を励ましてあげるんだ」という良い目標を持ってがんばってください。
関連記事
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009年05月22日金
  • #
  • 編集

ありがとう。
読めて良かった!

  • 2009年09月18日金
  • URL
  • 千晶 #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jigendaisukefk.blog116.fc2.com/tb.php/410-30e9c008